代表あいさつ

私は、地元中小企業の食品製造卸売会社に入社しました。社会人となったころは、山一證券や北海道拓殖銀行の破綻など不景気真っただでした。

入社1年目から、主要協力工場の破綻やメイン銀行の経営破綻、経営者の急死など相次ぐマイナスの出来事に遭遇しました。

世の中が不景気だから、社会とはそんなものなのかと思っていました。

一方で、社員が団結して危機を乗り越える体験をしたことは、「追い詰められてもあきらめずに頑張れば道は開ける」ことを学びました。

また、工場の経営改善や商品開発に携わるなど、中小企業ならではの楽しさも経験しました。

しかしながら、転職した先では民事再生法による倒産をも経験しました。

わずか数年の間に、売上が10分の1近くまで落ち込むという浮き沈みの激しさもまた、中小企業ならではの厳しさを体験しました。

 

これらの体験から、「お金で困っている中小企業の役に立つ仕事がしたい」と思い、中小企業診断士として独立しました。

 

私は、中小企業の財務経理を社会に出てから約20年間経験しました。

中小企業の財務経理部門は社長との距離が近く、様々な部門と関わります。そのため、全体を俯瞰してみながら現場のことを考えるといった、両面の思考が身に付きました。

大企業ではなく、限られた資源(ヒト・モノ・カネ)で事業を行う大変さは実体験で身に染みています。

 

これらの経験から、「中小企業の経営者と従業員の方の気持ちがわかる」中小企業診断士として活動を行いたいと考えています。

 

これまでの中小企業での実務経験と学んだことを活かし、各種専門家(税理士・弁護士・社労士・司法書士・行政書士 等)や各金融機関との連携を図りながら支援を行います。

経営者様、従業員の方と一緒になり課題の解決に取組みながら、企業の発展に貢献いたします。

 

中小企業診断士 末信 公平

公開日:
最終更新日:2017/12/11