経営改善計画作成手順

リスケ(返済猶予、条件変更)のための経営改善計画書作成

資金繰りが苦しくなり、新規の借り入れができなくなればリスケを検討します。

金融機関任せの経営改善計画書ではなく、自社が主体となって作成するのが当然望ましいです。

 

どのように作成すればよいのかを解説しています。

 

リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成

  1. 複雑なことは一つ一つ分解して考える        【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-1】
  2. 財務分析はまず、安全性・収益性・効率性でみる   【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-2<財務分析-①>】
  3. 経営実績を客観的にみる成長性・生産性・返済能力  【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-3<財務分析-②>】
  4. 財務分析から推測する現状             【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-4<現状把握-①>】
  5. 期間別・固変分解・セグメント別でわかりやすくする 【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-5<現状把握-②>】
  6. 強み弱み機会脅威・SWOT分析           【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-6<現状把握-③>】
  7. 「強み」の見つけ方・SWOT分析          【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-7<現状把握-④>】
  8. 「弱み」の扱い方・SWOT分析           【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-8<現状把握-⑤>】
  9. 外部環境って何?・SWOT分析           【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-9<現状把握-⑥>】
  10. 自社を知る2つの切り口              【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-10<現状把握-⑦>】
  11. 強みの源泉を知る・VRIO分析           【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-11<現状把握-⑧>】
  12. 経営改善の第一歩は窮境原因の特定         【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-12<窮境原因>】
  13. 問題点と課題の設定                【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-13<課題の設定>】
  14. 経営に必要な要素ごとに課題を整理する       【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-14<課題の解決-①>】
  15. 利益の出し方は2つしかない            【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-15<課題の解決-②>】
  16. 抑えておきたいマーケティングの基礎        【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-16<課題の解決-③>】
  17. 進むべき方向性を考える              【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-17<課題の解決-④>】
  18. 具体的な対策を考える               【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-18<アクションプラン>】
  19. 経営改善計画で必ず意識すべき3つの数値基準    【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-19<数値計画-①>】
  20. 予想財務諸表を作成する              【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-20<数値計画-2>】
  21. 資金繰り表を作成する               【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-21<資金繰り表>】
  22. 借入金返済計画表を作成する            【リスケ(返済猶予)のための経営改善計画書作成-22<借入金返済計画表>】

 

公開日: